About PHOTONIZER

> フォトンホルミー効果・静電気・電磁波について

PHOTONIZER フォトンホルミー効果・静電気・電磁波について

電磁波とは?

人体に影響があるといわれる電磁波は
身の回りのさまざまな電化製品から発生しています。

「電磁波」とは、電気の影響が及ぶ範囲「電場(電界)」と、磁気の影響が及ぶ範囲「磁場(磁界)」が交互に発生しながら波のように伝わっていくことです。
たとえば、肌のトラブルとなる「紫外線」や、レントゲンなどに使われる「放射線」も電磁波の仲間であり、それぞれの波長が異なることで、自然界や人体にさまざまな影響をもたらしています。
実は電磁波は携帯電話やパソコン機器、電子レンジ、電磁調理器、ヘアードライヤーなど日常生活に欠かせない、多くの電化製品から発生しています。発生する電磁波は、人体に影響があるともいわれ、現代社会の中で大きな問題になっています。特に携帯電話の電磁波とがん発症の関連性については、WHO(世界保健機構)の専門組織が発がん性を指摘した調査結果を2011年5月に発表しています。
しかし、このような調査はまだ始まったばかりで、電磁波による人体への影響についてはまだ明らかになっていませんが、フォトンホルミー効果により発生したマイナスイオンが電磁波のプラスイオンを大幅に軽減する効果が認められており、携帯電話キャリアはもちろん、医療分野からも注目を集めています。

身のまわりにあふれる電磁波