Topics

> トピックス

2012.04.23

left

本連載では、自然界で起こっているさまざまな「静電気」と「電磁波」による影響と、
フォトナイザーの持つ優れた力について、くわしく紹介してまいります。


第6回「お客様からのご質問 No.1 ブレーキダストの付着について」

フォトナイザーをご愛用頂いていますユーザー様より、
先日とあるご質問をいただきました。

「フォトナイザーを取り付けても、ホイールに付くブレーキダストが目立つのですが…。」

大変貴重なご意見をありがとうございます。
同様のお悩みをお持ちのユーザー様もいらっしゃると思いますので、
今回はその理由についてお答えいたします。

一部のスポーティーな車やハイブリッド車、外国車の中には、後部にバッテリーを搭載した「リアバッテリー車」がございます。前述のユーザー様がお乗りの愛車も、この外国車のリアバッテリー車でした。

日本の多くの車は、エンジンルーム内にエンジンとバッテリーの両方を収めており、2つの距離が近いことで、エンジンで発生した静電気を効率的にバッテリー内に引き戻す効果が発揮されやすい仕組みとなっています。

しかし、リアバッテリー車の場合、エンジンとバッテリーの距離が離れているため、静電気をバッテリー内へ戻す効率が低下してしまいます。その結果、ホイールへのブレーキダストの付着率が取り付け前と変わらないことが確認されております。

現在、これらのリアバッテリー車において、より効果が発揮される製品の開発に向けて研究を進めております。発売の折には、改めて本サイトにてご案内をさせていただきます。